部屋がある方位とその吉凶:理由があります

ご訪問どうもありがとうございます!

暮らしの風水 鈴木えりこです。


室内風水のお話です


「この部屋はどこどこの方位にあると良い」

(又は良くない)等耳にされることがあるかと思います


例えば


台所は、東や東南の方位にあると 吉 となります


それは、室内において「東」や「東南」の方位は、


・朝日が入ってくる明るい場所

・でも日中の強い日差しは受けないから、涼しい場所


ということで、食品も腐りづらいので、どこにあってもほとんど

NG扱いの台所ですが、その2方位は 吉 となるのです


部屋のある方位とその吉凶


太陽の動きと密接な関係があります


決して理由なく良しあしが決められているわけではありません


そして、


あ~・・・我が家はその方位に台所、無いわ~💦


と、どうぞ落ち込まないで下さい


風水で100点満点の部屋など、ほとんど ない です


台所がある、その方位にあった風水を施すことでカバーも出来ます

(でも一番には、まず清潔に保つことと整理整頓です)


また、室内の風水だけが風水ではありません


・その家がどういった立地に建っているか

・その人が今まで、どのような移動(引っ越し等)をしてきたか

・その人が、どのような心持ちで生きているか


そんなことも、全て含めて風水ではみていきます

この話はまた別の機会に

【豆風水】お鍋や調理器具の「見える収納」はやめて、引き出し等に収納しましょう

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示