吉方位取りをする時に気を付けてほしいこと

ご訪問どうもありがとうございます!

暮らしの風水 鈴木えりこです。


風水、九星気学(きゅうせいきがく)のお話です


「吉方位取り」・・・自分にとって吉方位となる場所へ行くこと


ですが、


その目的は、


「運気をあげること」


です


本日のタイトルの


「吉方位取りをする時に気を付けてほしいこと」


は、


「絶対に方位線ぎりぎりの場所は選ばない事」

です


???


なんのこっちゃ?


と思われた方は、吉方位取りをしたいなぁと思った時には

必ず専門家に診てもらってください


へぇ!そうなんだぁ!

で、どういうことなの?

と思われた方は、続きをお読みください

(なんのこっちゃの方も、一番下の豆風水だけはご一読下さい

お役に立てれば幸いです)


例えば、


「東南方位が吉方位です」

となっている時期に、東南方位へ行くとします


線が交わっているところ・・・ご自宅

赤い丸がついているところ・・・東南方位で行く場所


その時に、このような位置にある所ではなく

↑【写真1】



このように↓

↑【写真2】

東南方位の中でも どストライクゾーン辺りをお選び下さい


写真1 のような場所を選ぶと どうして良くないのか


というと、


お隣の方位である「東」方位と近いため、(境界線ぎりぎりの場所ですね)

「東」方位の影響が出るか、「東南」方位の影響が出るか

わからないからです


この場合、「東」方位も吉方位 なら問題ありませんが、

たいてい、なかなかそのように上手くいくことはありません


お隣の「東」方位が凶方位であれば、


せっかくの「運気をあげるための吉方位取り」


「吉」と出るか「凶」と出るか?


といった、博打みたいな旅になってしまいます💦

これはとてももったいないことです


ということで、

吉方位取りをする時には、必ず


「これは絶対〇〇方位(←吉方位)だろう!」というような

安全圏内の場所をお選び下さいね

運気をあげる よい旅を!

豆風水:お出かけの際は、厄除けになる「持ち塩」がおススメです

     【方法】:10g程の国産粗塩をお習字紙の半紙等に包み、

          染み出てこないようにラップで包んで、バックに入れる

         ・重要な会議がある

         ・心配事がある  等など 


         今日一日無事に過ごせるように、願いを込めて

         きっと貴方を守ってくれます

0回の閲覧0件のコメント